くまひよ、わーきんぐでいず

作ったものたちをちまちま載せるためのぶろぐ。

椿柄の豆皿

f:id:ichigotouhu:20171022165235j:plain

洗面台で使っていたソープディッシュ、ワイヤーのものだったのですが大きさがちょっとあって洗面台のスペースから少しはみ出ててしまって非常に気になっておりました。

たまに落ちたりもしていたので、出来れば小さいサイズのものに交換したいなーと考えていたのです。

まぁ、思ってはいてもなかなかいいものに出会えずそのままにしてたのですが、今日立ち寄ったセリアでもソープディッシュを色々見ていたら、縦置きするタイプのもの発見。

大きさ的にも色とか素材感的にもその商品は微妙…とは思って買わなかったのですが、縦置きはいいな!というかそれならお皿でもいいんじゃないかな?と思って小鉢などのコーナーでこれを発見しました!

深さはないので縦置きは無理なのですが、石鹸を普通に置けばいいかなーと思って買ってしまいました。可愛らしい小ささと和柄の雰囲気で決めました。

f:id:ichigotouhu:20171022165503j:plain

水切りはないのですが、そもそも以前使っていたfrancfrancで買ったものは付いていなかったけど不便に感じることも特になかったので、なくて大丈夫と判断しました。

毎日使うものなので、選ぶときに満足したものを使いたい、そんな感じです!

南部あめせんとイギリストースト

f:id:ichigotouhu:20171019181553j:plain

買い物に行ったら青森フェアをやっていたので買ってみました。

南部せんべいに水飴を塗ったものがあるとは聞いていたのですが、実物を見たのは初めて!めっちゃ気になる!と思って買ってみました。

f:id:ichigotouhu:20171021215628j:plain

割ってみるとめっちゃ水飴。たっぷり。

南部せんべい大好き、水飴大好きなんで、当然美味しかったです。

なお祭りではあんず飴を大体買います、水飴美味しい。

そしてイギリストーストも買いました。

f:id:ichigotouhu:20171019175917j:plain

説明文に、パンに砂糖とマーガリンが塗ってジャリジャリ言うってあったので気になりました。砂糖と油と炭水化物ってめっちゃこわい!と思いつつも、この暴力に抗えませんでした…

で、食べてみたらヤマザキのシュガーマーガリン(?)ほどのジャリジャリ感ではなかったですねー。期待値が高すぎたのかも…とは言え、パンがふわふわで美味しかったです。

ラスクもあったので買ってみました。

f:id:ichigotouhu:20171021220207j:plain

素朴な味!シュガーも黒糖も駄菓子屋のラスクって感じでした。

他にもきになるものはありつつも嗜好品は控えめに…と思ってあとは青森の米を買って終了ー。

アンテナショップとか物産展とか、ご当地ものって普段出会わないから魅力に満ち満ちてますよねー。

一人目の子育て、二人目の子育て

f:id:ichigotouhu:20171001143528j:plain

★長女が幽☆遊☆白書の飛影にハマってるらしいので、やる気を出させるためにノートに描いた絵です。

 

子育てに正解はないと言いますが、自分の中での妥当ラインというかこれを選んでおくのがベターなのでは?というのがあると思います。

で、それに沿って一人目を育てて行く訳ですが、やってみてどうにも上手くいかなかったなーという所や、こうすればもっと良かったと思う所ってのが結構出てくる訳ですよ。

それから後々出て来た情報で、良いものだと思って実施していたことが実はあんまり良くないかも…と思うようなこともあったりして。

なので日々修正とアップデートを繰り返してるような感じです。

 

子供が複数人いる家庭では、そんな感じで上の子の子育てを試行錯誤している中で、二人目(そしてそれ以降)が育って行く訳です。

すると上の子に対してしていたこととは違う点が出て来ます。明らかに差別/贔屓、と見られることは別として、です。

 

自分なりに考えて子育てをして、当然ながらいい方向に育ってもらおうと対応をしているはずなのですが、上の子からは「私の時と違う」「妹には甘い」などクレームが来たりします。

自分としては上の子と同じように育ててきたと思っているので「そんなことないよ」と否定してきたのですが、よくよく考えるとこの『同じように育ててきた』と言うことは上の子にしてきた対応と同様、いうことではなくて、その時考え付くベターな対応を選択しているという意味だったのです。

そう思うと、上の子からは下の子に取っている対応の方がよく見えてしまうことも多々あるのかな…と思いました。

ちなみに上の子には上記のようなことを説明して、なんとなく納得してもらいました。

 

子育ての常識自体が結構短期間で変わってしまうこともあるので、どんどんアップデートしてより良い対応が出来るようにしたいと思います♪