読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまひよ、わーきんぐでいず

作ったものたちをちまちま載せるためのぶろぐ。

生理痛軽減治療について(病院に行ってきたレポ)

本日病院へ行ってきました

毎月ほぼ起こるひどい痛み。まるでお腹の中をえぐられているような絞られているような、上から押しつぶされているような痛み。合わせて起こる強い頭痛。ロキソニンを一日二回3~4日連続で服用して凌いでいると言った状況でした。

 

その痛みは異常かもしれない

ともあれその痛みには中学の時からほぼ毎月付き合ってきたので、これからもそうなのかなぁとげんなりしつつも諦めておりました。

そんな中で最近、生理痛が酷く病院に行ったら子宮系の病気が見つかって…というようなブログのエントリーやSNSでの書き込みを結構見かけるようになりました。

また結構月経に絡むサイトが有ることにも気付きました。

生理痛があるのは当たり前ではありません

サイトによってはチェックシートもあって、自分の痛みは病院に行く程度のものかを客観的に判断してくれるので素敵です。

seiritsuu-navi.com

 

ということでチェックしてみた結果…

f:id:ichigotouhu:20160222172039j:plain

もっと早く行っておけば良かったのかなーと思う結果でした。ごめんね自分。

という訳で前置きが長かったけど、これから病院に行って何が行われどういう結果だったのかを書いていきますね。

 

病院で行われたこと

  1. 問診
  2. 内診
  3. 説明
  4. 処置
  5. 会計

流れをざっくりと説明していきます。

 

問診

まずは受付後に問診がありました。そこで聞かれたのは大体以下の内容。

  • いつも痛いのか
  • 鎮痛剤の服用頻度
  • 経血の量は多いか
  • 今までの月経痛治療の有無
  • 貧血の有無

聞かれたことを答え追加の質問にも答えて、問診が終わると内診に移ります。

 

内診と説明

内診台という椅子に乗り、子宮と卵巣の状態を診てもらいます。

医師とはいえ見知らぬ人に診てもらうのは恥ずかしいという人もいそうですし、男性医師よりは女性医師の方がいい…と言う方は事前に検索をするなり問い合わせをするなりしたらいいかと思います。

ここで子宮と卵巣の大きさを測りましたところ、大きさは正常。特に異常は見られないものの、生理痛の程度を見ると対処が必要であるとの診断でした。

ここで別室に移動して、治療法として挙げられたのは2つの方法。説明を受けた内容をざっくりと書くと…

ホルモン療法(ピル)

 錠剤。頭痛や血栓などのリスクがある。

 月経周期を安定させることが出来る。

 月に2千円程度かかる。 

子宮に入れるリング(IUS)

 子宮内に挿入し最大5年間効果が持続する。

 3ヶ月間程度は不正出血の可能性がある。

 避妊目的では7万円かかるが治療目的の場合は保険適用で1万3千円程度。

 妊娠を望まない人が使用できる。

ピルは持病なども含めリスクの少ない人に勧めるとのこと。私はもう出産をする気もないと伝えていたので、状況的にもIUSがいいとのお話でした。夫に電話で話してみると伝えたところ、医師と看護師さんが席を外してくれました。処置は月経中に行うということで、ちょうど月経が始まったタイミングでもあったためこの機会にIUSを入れようという話になりました。

とはいえすぐに処置しなければいけないという話でもないので、もしこの話をされてもゆっくり検討したらいいと思います。

 

処置

パンフレットには、子宮の入口を消毒しチューブを使ってIUSを挿入します。痛みを感じることがあります、とあっさり書かれています。

私は、むしろこれ痛みを感じない人がいるの?!?!?!ってくらいに痛かった!ぎゅーっとお腹の中をつねられた感じでした。痛かったら言って下さいねーって言われたのですが、痛かったら言おうとか思う暇もなく「痛ッ!痛いぃぃぃぃー!」って口から出ていました。果たして個人差があるんでしょうか。

挿入後も小一時間は痛みがありました。ただ生理痛の痛みに比べたら、局地的に痛みが来てそれが引いていった、という感じなのでなんとか…という感じですかね。

 

処置後の説明と会計

その後今後の生活と通院スケジュールなどの説明を受けてから会計となりました。なお処置後は3日間抗生剤を飲んで下さいとのことでトミロンと言う薬を処方されました。

それから装着後は定期的な診察が必要であるとのことでした。この次は3ヶ月後、1年後、2年後…と続き5年後まで一年おき。その間に副作用と思われる反応があれば都度相談してくださいと言われました。

また当面痛みは出る可能性もあるのでロキソニンを処方して貰えました。これでしばらく戦える…!

 

と、質問などを終えて診察は終了。会計は11240円でした。

何か病気が判明したり、同時に子宮頸がんの検査も行ったり、処置内容や薬の有無等で会計は変わってくると思うのですが、私の検査と処置ではこれだけかかったよ、と提示しておくことで何かの参考にでもなればと思います。

 

検査に行く程でもないだろうな、と思う気持ちでそのまま過ごしている人は多いだろうなと思います。お金もかかるし、ちょっとの間だけ薬を飲んで我慢しておけば大丈夫、と思っている人もいるかもしれません。

でも、ほんの半日病院に行くことで辛さの原因が分かるかもしれません。もしくはそのしんどさを手放すことが出来るかもしれません。

 

とりあえず、チェックして相談してみるの、ありだと思いますよ!

 

終わりに

と、なんやかんや書きましたが、今日処置してきたのでまだお腹も痛いし効果の程は分かりません…。ただ気持ち的にすごく楽になりました!病気が原因じゃなかったんだ!と言うスッキリ感…!

経過はまたそのうちに掲載するかもしれません。

そして頭痛も改善する可能性はあるので、そこも期待したいと思います!

 

大いに参考にして下さい↓

seirino-mikata.jp