読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまひよ、わーきんぐでいず

作ったものたちをちまちま載せるためのぶろぐ。

お仕事することにしました

出産から5年経ちました

その間表立ってのお仕事、というものはしておりませんでした。元々仕事のストレスが元で腎炎になったりもしていたので、仕事をすることに対しての不安感もあった気がしますし、幼稚園へ預けられる時間帯などの問題もあったりしました。

 

我が家は夫がお給料を稼いできてくださっております

そして家計は私が管理しています。(夫からの提案で)お小遣いを夫婦それぞれに用意して、その中で好きなことはやりくりという感じです。(副業や個々への臨時収入などのお金は個々に使っていいルール)

なお、専業主婦にお小遣いなんて!って方もいるかも知れません。家にいればお金なんて使わないだろう、と言う意見もあるかも知れません。ただ専業主婦だって息抜きにたまにはランチに行ったりはしたい訳です。

と、私もお小遣いをもらっていると書きましたが表向きです。幼稚園の保育料などが値上がりしたり、進学に伴って用意するものにお金がかかったり等で、家計が厳しくなる時もあります。そんな時はやっぱり減らせるのは私のお小遣いとなります。かれこれ1年以上はお小遣いはなく、私の仕事(イラストやワークショップや作品の売上)の収入を自分の使いたいものには使っている感じです。

また美容院は家計費から出しておりますが、結構お金がかかるので半年~1年に一回、と言う時もあります。あくまでも家計費は「家庭の生活を維持するためのもの」で「妻が好きなように使っていいもの」ではないと言う認識です

 

後ろめたさを感じずに使えるお金

さてさてそんな中、昨年秋ごろに近所でお仕事をしました。短期での仕事、そして幼稚園の預かり時間内で働ける、というのが決め手でした。給料日には少しまとまった額のお金が手に入ったので、まずは夫へのクリスマスプレゼントを購入しました。それから美容院に行きました。コンビニで売っているような化粧品(しかも購入して1年近く使っていた)を捨て、そこそこの化粧品を揃えました。

 

これらのことが、養ってもらっていると「気兼ねなく出来ない」のです。

 

例えば夫へのプレゼントを購入する、と言う行為。手元にあるお金が、たとえ小遣いとして貰っていて「自分の好きに使っていいお金」として定義されていても、やはり出処は「夫の稼いできた給料」なのです。夫のお金で夫へのプレゼントを購入すると言う矛盾。問題は全くないのですがモヤモヤします…。

それから自分のための出費。美容院のカット以外はある意味贅沢です。化粧品も最低限のもので事足りるといえば足りるのかも知れません。でもたまにはカラーリングやパーマもしたい化粧水やクリームで保湿効果の高いものも使ってみたい、と思うのです。

自分がお金を稼ぐことによって、これらの「すごい贅沢でもない、けれども自分にとっては大事な自分のための投資」を後ろめたさを感じることなく出来たら素敵だなぁと思うのです。

 

そんなことを言いつつも、仕事をしなくてもいいじゃない、なんとかなるんじゃない、と言う気持ち

そもそも仕事をしてしんどい状態になって家の事が出来なくなったら本末転倒という感じもあります。自分の投資は好きなようには出来なくても、専業主婦として子育てと家事を頑張るだけでもいいじゃない、という選択。別にそんなに綺麗にしなければ外に出られない訳でもないし、楽しく気ままに生きればいいじゃない的な。

それから趣味をバッサリとやめてしまって、それにかかるお金を節約すればいいんじゃないか、等とも考えました。別にそれで生活をしている訳でもないし、今後も趣味が実益を兼ねて行く訳でもなさそうだし…と。この辺りはまだ割り切れもせずに、悶々と考えています。

(そうするとこのブログの紹介文も変えなくては、ですよねw)

 

でも貯蓄を…と考えるとやっぱり今の状態での生活を続けるのは厳しいと思ったんですよね。この先大型家電や車が壊れたらほんとうに困りますもの。

 

そしてやっぱり子供への投資もしたい

貯蓄がなくて「教育ローン」という名の借金をして子供達を進学させるというルートもあるかと思います。もしくは奨学金などの制度を利用するというルートもあるかも知れません。

高校までは卒業させるのは親の義務、と言う考えはあります。それからは自分の好きなことをやるための努力を自分でしたらいいと思います。

でもそれまでの、例えば習い事などの「子供がやってみたい事」に対して、お金がないからと諦めさせたくもない感じです。

だからその分だけでも稼いでおきたいし、貯金をしておきたいなぁと考えております。

 

という訳で働きます

今まで携わったことのない職種です。私の希望は色々ありましたが、優先順位を考えたら「勤務時間」が一位でした。都内に住んでいない主婦が、子供達を朝送り出して夕方には出迎えたい、と考えたら「職種は選り好みできない」というのが本当のところです。

土日も働くので夫には協力をお願いしました。夫の繁忙期には調整が必要になるとは思いますが、ともあれ快く引き受けてくれたので嬉しかったです。

時間の使い方が上手くないので、試行錯誤しながら頑張って行きたいと思います。

(ブログの毎日更新が難しくなるかもしれませんが…どうぞよしなにw